【CentOS】OSの言語を日本語に変更する

※以下の手順は、スーパーユーザで実行する

1.日本語化パッケージをインストールする
 yum groupinstall "Japanese Support"
 ※途中で「Is this ok [y/N]:」というメッセージが表示されたら「y」を入力してENTERを押す

2.OSの言語設定を修正し、変更を保存する
 vi /etc/sysconfig/i18n

LANG="en_US.UTF-8"
SYSFONT="latarcyrheb-sun16"
↓   ↓   ↓
#LANG="en_US.UTF-8"  ←コメントアウト
LANG="ja_JP.UTF-8"  ←追加
SYSFONT="latarcyrheb-sun16"

4.OSを再起動する
 shutdown -r now
 ※ログイン後、「標準フォルダの名前を現在の言語に合わせて更新しますか」と表示されたら「古い名前のままにする」を選択する